憧れのBMWを中古車で購入してみませんか

中古車のBMWは修理対応、DISやスキャンツールでの検査対応できるショップでの購入をお勧めします

このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車のBMWは修理対応できるショップでの購入をお勧めします

BMWを中古車で購入する場合は、購入するショップがBMW自体の修理に得意であるのか、また経験があるのか、DISやスキャンツールなどの検査ツールなどの装備があるのかどうかを確認することが大切です。人間に例えると目には見えない傷害があるのか無いのかレントゲンで検査をするような感覚です。日本国産車とまったく考え方の違うドイツの人が開発製造をした自動車ですから修理の対応方法も日本国産車とは異なってきます。よく耳にするのが、エンジンから異音がするということで修理入庫させたが、どこに原因があるのか特定できずに2週間も修理工場に自動車を預け、ゴムで作られたエンジンマウントという部品を交換されて、異音は改善されないまま請求書といっしょに車が戻されたということも耳にしています。DISやスキャンツールなどの設備が整った修理工場であれば、それらのツールで車体の検査ができますし、数分で原因の切り分けが可能となりますし時間短縮にもなり、最終的には修理コストを下げることにも繋がります。

BMWの中古車は販売だけをして、その後の整備をあまりしない、または出来ないというショップが多いように感じます。車検は、あくまでも車検であり、整備ではありません。車検を通すための検査をしているだけだと思われます。車検に併せて、交換をしなければならない部品などを見極めることができるメカニックが常駐しているショップであれば、とても安心できます。車は人間と同じで、かならず調子が悪くなりますので、直ぐに見てもらうことができる街医者的なショップの存在がとても大切になってきます。