憧れのBMWを中古車で購入してみませんか

BMWの中古車の購入、買い取りで最重要チェックポイントはオルタネータ、ファンベルト、プーリーです

このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWの中古車で最もチェックしなければならないポイント

BMWの中古車を購入する、または買い取るという時に最もチェックしなければならないのがオルターネータ、ファンベルト、プーリーなどです。BMWのオルターネータはワンウェイクラッチというクラッチが取り付けられており過充電しないように空回りをさせます。このクラッチのベアリングが磨耗すると、とてつもない異音を発します。経験の無いディーラーのメカニックや修理屋さんならエンジンが壊れたかもと謝った判断をするくらいです。今夏もっとも多く取り替えられた部品のひとつであるとも聞いています。オルターネータは新品ですと60000円近くしますが、リビルト品(再生品)であれば20000円程とそれほど高価ではありませんので、今現在無事に乗車が出来ていたとしても交換をお勧めする部品です。オルターネータが完全に故障してしまうと、すべての警告灯が点灯しエンジンする始動できなくなり大変辛い思いをします。

BMWの中古車にて多く見られるのが、エンジン始動時の異音です。これは、テンショナープーリーという部品が消耗しています。テンショナープーリーは文字通り、テンション=緊張ベルトの張り具合に緊張を持たせるための部品です。テンショナープーリーが消耗しますと、ベルトの張り具合が弱くなってしまい、異音が発生しまい、「キュルキュル」、「ヒューン」というような異音をエンジン始動時に発するようになります。乗車していて違和感を感じずに、そのまま乗り続けているオーナーさんも多くいらっしゃる様ですので、無条件に交換をするべき部品であると考えています。